読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はじめフイルム

物欲との戦いの記録

望遠レンズは必要か

 

こんばんは。「X100F」が欲しい、はじめです。

 

今回は「X100F」欲を消すのを諦めて(笑)、ズームの出来ない「X100F」一つだけで十分か、考えてみます。

 

ここで重要になってくるのか望遠域です。

 

 

望遠レンズの用途は?

f:id:onefilm:20170215205357j:plain

はじめに断りを入れておきますと、これまで私は望遠レンズを所有したことがありませんし、個人の意見ですのであまりお気になさらず...

初心者なもんで、これまで所有していたレンズは

 

18-55mm f2.8-4.0 (換算27-82)

35mm f2.0 (換算53)

18mm f2.8 (換算27)

 

の三本で、広角域と標準域の構成でした。

 

望遠レンズがあると、どんな写真が撮れるのだろうと考えた時、

1. 遠くの景色

2. 圧縮効果の利用

3. 野鳥

4. 動物

5. スポーツ

の五つが挙げられます。

 

そのため、長い間望遠が欲しい欲しいと思っていたのですが、購入には至っていません。

なぜかと言いますと、それは...

 

 

遠くを撮らない

 

これを言ってしまうと、そりゃそうやろ!ってなると思うんですけど、個人的に標準域を超えてまで、ピックアップして撮りたい景色ってあまり考えつかないんですよね。

 

記録のための撮影なら分かるのですが、記念撮影や日常のスナップなら望遠を使うことは、ほぼないのではないかと思っています。

 

それに今のデジタル処理ならある程度のトリミングは効きますからね(笑)

 

 

野鳥や動物を撮らない

 

野鳥や動物を撮るのが好きで、趣味!という方がおられるのは重々承知しているのですが、撮らない人間としてはそんなに撮りたい?って思ってしまいます。

 

正直、野鳥なら図鑑や写真集でまかなえる気がしますし、重いレンズをぶら下げてまで撮る必要があるのかなぁと考えてしまいます。

(プロでお金を稼ぐって人は別にしてですよ)

 

ただの偏見ですけど、野鳥の撮影ってカメラのベンチマーク的に行なっている人が多そうです。

 

 

高い・重い・かさばる

 

これです。三重苦です。

 

カメラはコンパクトであるべきと考えている私にとって、この三重苦は辛いものがあります。

それに標準レンズと比べると高い...

 

この三重苦がある限り、私は望遠レンズを持つことはないでしょう。

 

望遠レンズ、ガンガン使っているぜ!って方、本当にすごいです。

f:id:onefilm:20170215205416j:plain

 

 

まとめ

 

うん、私には望遠域いらなそう。

 

ということは「X100F」だけでも大丈夫ってことかな(笑)

(あ、でも圧縮効果楽しそう...)

 

皆さんはどうですか?

 

次は、超広角について述べていけたらいいな...