読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はじめフイルム

物欲との戦いの記録

X100Fとの戦い part1

 

こんばんは。富士フイルム大好き!はじめです。

 

今回戦う物欲は、富士フイルムのコンパクトカメラ「X100F」欲です。

 

私は猛烈に「X100F」が欲しい!なぜかって?以下に理由を述べていきます。

 

 

めっちゃ、かっこいい 

f:id:onefilm:20170212214418j:plain

どうですか! このイケメンっぷり!

久しぶりにこんなかっこいいカメラに出会いましたよ。

 

たくさんのダイヤルはガジェット魂を湧き上がらせ、右肩にあるファインダーは写真魂を震え上がらせてくれます。

 

そして、このスッキリとしたなんとも言えないバランス感は、所有者を満足させ、写真へのモチベーションを高めてくれることでしょう。

 

いやぁ、たまらない。

 

コンパクト & 高画質

 

個人的にカメラはコンパクトであるべきだと考えています。

 

カメラが持ち運びに不便だと持ち歩くことが少なくなるからです。

 

その点この「X100F」はとてもコンパクトです。

外形寸法は、126.5×74.8×52.4mm。重量はバッテリーと記録メディア込みで約469gとなっており、高級コンデジで有名な「RX100V」と比較してふた回りほど大きいです。

 

...ん?あれ、そこまでコンパクトじゃないじゃん?

 

まあ、そうなんですけどね(笑)

このカメラがすごいのは、主に一眼レフやミラーレスカメラで使用されている「APS-C」という大きめのサイズの撮像素子を使用している点です。

 

撮像素子が大きいほど画質が良くなると言われており、この「APS-C」というサイズはRX100の3倍以上、iPhone7に至っては20倍以上の大きさとなります(面積比にて算出)。

 

こんだけ大けりゃ綺麗な写真を撮れそうな予感がしますよね? 綺麗なんです(きっと)

 

 

そして見逃せないのが厚みが薄いということ。

f:id:onefilm:20170212221303j:plain

ミラーレスカメラは一眼レフに比べて軽いことがメリットだとよく言われますが、ミラーレスはかさばります! レンズがかさばります!

 

パンケーキレンズを使用すればだいぶマシかもしれませんが、ぶっちゃけミラーレスを生かしたいならパンケーキレンズを常用するのは個人的にどうかと思います。

 

かさばるカメラは外出を選ぶようになり、そのうち持ち出さなくなる...なんてことになるかも...

 

その点この「X100F」は安心です! 

見ての通り薄く、どんなカバンにも入ります!もしかしたらポケットにも入るかも

 

薄さは大事!

 

欲しい!

 

以上の理由から、物欲が大変なことになっております(笑)

 

このブログの趣旨は物欲を消却することですので、頑張って消却したく...思います...

 

それでは次回に...

 

 

※写真は富士フイルムさんの公式ページより借用しております。 

 

fujifilm.jp